尿漏れ・頻尿の基本

尿漏れってどんな症状?尿漏れの基本まとめ。

投稿日:2017-12-05 更新日:

尿漏れってどんな症状?

尿漏れの症状をシンプルに言えば、「尿意を意識していない場面で尿が出てしまう」状態ということになります。女性で尿漏れに悩むかたは意外と多く、あるデータによると、40歳以上の女性のうち、3人に1人は尿漏れ経験があるようです。なので軽い尿漏れならそんなに心配することもありませんが、症状が悪化すると、日常生活に支障がでたり、衛生上問題になることもあります。尿漏れや頻尿などの尿トラブルはデリケートな側面もあり、特に女性はなかなか他人に相談できず1人悩むかたも多いようですが、症状が軽いうちに尿漏れサプリ等を利用して、何かしら改善をはかることが重要です。

尿漏れの原因

尿漏れの原因は主に3つ、考えられます。
1つ目は、急に腹圧(お腹にかかる力)が高くなり、膀胱を強く圧迫してしまうこと。尿道括約筋の衰えによる「腹圧性尿失禁」などがこれに当たります。2つ目は、膀胱や尿道など泌尿器の一部に問題が生じていること。膀胱が勝手に収縮する「切迫性尿失禁」などがこれに該当します。3つ目は、排尿をつかさどる神経(排尿中枢)にトラブルが起きていること。異常、基本的に尿漏れはこの3つのうちのいずれかが原因で引き起こされています。

尿漏れって、どんな時に起こるの?

尿漏れは、どんなタイミングで起きてしまうのでしょうか?個人差はありますが、くしゃみをしたり、大笑いしてお腹に力が入った瞬間に、尿漏れを引き起こしてしまう人が大半のようです。重い物を持ち上げたり、階段を上ったタイミングで漏れてしまう人も同じですね。結局のところ、お腹に力が入ったことによって尿漏れが引き起こされています。中には、尿意を感じてトイレへ向かい、トイレのドアノブに手をかけた瞬間に漏らしたり、水音を聞いただけでも漏らしてしまう人もいます。

尿漏れは、尿が出てしまうタイミングはもちろん、尿の量も人それぞれ違います。下着がビショビショになる人もいれば、軽く染みる程度の人もいます。注意して頂きたいのは、自身が尿漏れかどうかは、量によって判断するものではないということです。自分が尿漏れの症状を患っているかどうかは、漏れる尿の量や場所は関係ありません。「自分の意思とは関係なく尿を漏らしてしまう状態」は、すべて尿漏れといってもいいでしょう。

尿漏れの基本、まとめ

上にも書きましたが、40歳以上の女性のうち、3人に1人は尿漏れ経験があるようです。尿漏れは、治さないと死に至るような重大な病ではありませんが、症状が悪化すると、少なくとも日常生活には深刻な影響を及ぼすものです。下着が多少でも濡れると不快感は想像以上のものですし、他人の目も気になってきます。「どうして自分はこんなことに…」と、自信の喪失や精神的なショックも大きいのは間違いありません。自己嫌悪や不安から家に引きこもり、次第に行動範囲や人間関係が狭まってくるのもよくある話です。

最近は多くのメーカーから良質な尿漏れ対策のサプリ等も発売されていますし、尿漏れは軽度のものであればセルフケアでも改善します。少しでも尿漏れの症状を自覚したら、放置でず、何らかの対応策をこうじることで、快適な日常を過ごせ、精神的な負担も軽くすることが出来るようになります。

-尿漏れ・頻尿の基本

執筆者:

関連記事

自己診断シートであなたの尿漏れをチェック!

尿漏れもいろいろなタイプがあります。 ひと言で尿漏れといっても、症状は人によって異なるようです。尿漏れには大きく分けて7つのタイプに分類されますが、その中でも特に割合の多い「切迫性尿失禁」と「腹圧性尿 …